梅若公

「梅若公(うめわかぎみ)」
日本画初作品。
憧れの画材を少しずつそろえ、描き方の本を見ながら、
かなり時間かけて描いた思い出深い絵です。
室町時代の「秋の夜の長物語」の主人公・梅若公(うめわかぎみ)の登場シーン。
長い髪が柳の枝にからみついたのを、うっとり振り返るという・・・
(で、その様子をお坊さんが垣間見て、恋しちゃうのです)
って、伽倶羅にしか見えませんね、この子は。



戻る もどる