デジタル初期絵・画像粗いシリーズ

スキャン時の解像度も知らず、鉛筆絵をたぶん72dpiで取り込み、色付けたものたち。
取り込んだ後に、レベル補正が必要というのを後で友人に聞いて知る・・・
今となっては、とても懐かしいなぁ。
ただ、デジタル彩色については、今も大して変わらない、凝ったことができないので、
この粗さがかえって味がある気もしている。
では、どんどん行きまーす。















上の2枚は、昔作ったブログ告知用です。
今はありません。











最後のは水彩絵の具で彩色したのを
焼き色処理などしています。(たしか)



戻る もどる